文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

なんちゃって焼きとり風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は豚肉を使用して、見た目を焼きとり風にした料理です。

 高齢になると避けてしまいがちな肉料理。その理由は、脂やコレステロールが気になる、年齢的に控えめにしているなどです。しかし、こんな理由もありました。以前、高齢の方に肉料理を提供した際、肉が苦手とのことで全く手を付けない方がいました。よく話を聞いてみると「肉は硬くて食べにくい」ということが分かりました。このように、硬さが原因で食べることを避ける場合もあります。

 今回のレシピでは、しゃぶしゃぶ用の豚肉にハチミツをもみ込み、さらに蒸し焼きにすることで軟らかい肉料理に仕上げています。もちろんそのままいためてもよいのですが、今回は見た目でも楽しめるように、串に刺して焼きとりのように盛り付けています。

 フライパンで蒸し焼きにする際、クッキングシートはフライパンの直径からはみ出ないようにしましょう。はみ出たシートに火があたると危険です。また、ハチミツで漬けたしゃぶしゃぶ用の豚肉は、ショウガ焼きやみそいためなどの料理によく合います。

 近年、高齢者の低栄養が問題になっており、最も不足が指摘されているのが肉や卵などの動物性たんぱく質です。小食になりがちな高齢の方にとって、肉料理は少量でもエネルギーとたんぱく質が摂取できる便利な食材です。また、適量の肉を食べることは血管や体の細胞を丈夫にし、免疫力や抵抗力を高めることにつながります。

 まずは1週間に数回程度でも、食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

[作り方]

(1) 豚肉を広げ、両面に片栗粉を茶こしで薄くふる。

(2) ボウルに(A)の材料を入れてよく混ぜ、(1)の豚肉を加えてよくもみこみ30分程度おく。

(3) 串にたたみこむように重ねながら刺し、形よく成型する。

(4) フライパンに100cc程度の水を注ぎ、クッキングシートをのせ、その上に串に刺した豚肉を置く。ふたをして火にかけ、水が沸騰したら、軽く沸騰が続く程度の火加減(中火~弱火)にして、3~5分程度蒸し焼きにして出来上がり。

(5) あれば焼きとりのたれや照り焼きのたれを表面に塗るとより焼きとりらしくなります。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事