文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

書籍紹介

もっと知りたい認知症

『コグニサイズ・コグニライフで認知症は自力で防げる!』 島田裕之著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『コグニサイズ・コグニライフで認知症は自力で防げる!』 島田裕之著

 いまや国民的関心事とされる認知症。長年、この研究に取り組み、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市。以下、長寿研)で予防老年学研究部長を務める著者が、認知症のしくみ、有効な予防法などについて、図解を交えてわかりやすく解説している。

 「認知症予防の決定版!」と太鼓判を押すのが、長寿研が考案、開発した「コグニサイズ」。英語のコグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語で、頭を使いながら運動をするプログラムだ。複数の臨床試験で、認知機能の向上といった効果が確かめられているという。

 一例を挙げると、数をかぞえながら、3の倍数のときに手をたたくのは基礎編。高難易度になると、足踏みをしながら、倍数のたびに「イチゴ!」「キャベツ!」といった具合に果物と野菜の名前を交互に言う。若い人でも四苦八苦しそうだ。

 また、買い物のときに合計金額を暗算したり、自宅で新聞を速いペースで正確に音読したりするなど、日常生活で脳を鍛える「コグニライフ」の実践も呼びかけている。

 コグニサイズを紹介するページの写真わきにはQRコードが付されており、スマートフォンなどで動画を再生することができる。体操のDVDも付いている。健康長寿のガイドブックになる一冊だ(すばる舎、1600円税別)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

書籍紹介の一覧を見る

<PR情報>

最新記事