文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

ふるえ(1)原因不明 超音波で改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ふるえ(1)原因不明 超音波で改善

「右手がふるえていたなんて、今では信じられないくらい。変な夢でも見ていた気分」と、笑顔を見せる泉さん

id=20180501-027-OYTEI50004,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 手のふるえに気付いたのは10年ほど前のこと。何もしていないときは問題ないのに、ペンやコップを持つと小刻みに揺れる。それは少しずつ目立ってきた。

 大阪市内に事務所を構える弁護士の泉裕二郎さん(66)は、それが気になって仕方なかった。「ただふるえるだけなんやけどね。でも、みっともないし、自分はダメだなって思っていました。後から考えると、うつ状態に近かったかも」

 裁判を終えた法廷で、次回の日時を書き留めるのも一苦労だった。「手帳に無理やり手を押さえつけるようにして、ふるえながら書いてました」。パソコンを使えばマウスが右へ左へ揺れ動き、事務作業もはかどらなかった。

 地元の脳神経外科で本態性振戦と診断された。「原因不明のふるえ」という意味の病名で、高齢者に多く、65歳以上では5~14%の人にみられるという報告もある。何かをしようとすると手がふるえるのが特徴だ。

 「不便だけど死ぬ病気じゃないと聞いて、だいぶ気は楽になりました」

 ただ、処方された薬はあまり効かなかった。何げなくインターネットを見ていると、新たな治療法の紹介が目に入った。

 「これやっ!」

 それを実践する大西脳神経外科病院(兵庫県明石市)に、すぐ連絡を取った。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事