文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

翁とてくてく東海道

コラム

大井川を渡って「川越し」文化を堪能(10)六合宿~金谷宿の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 月に1度の健康ウォークも、東海道の半ばまで差し掛かって、2018年3月3日と4日に初めての1泊2日に挑戦しました。1日目は静岡県島田市から、「越すに越されぬ」大井川を渡って金谷宿までてくてく。川越し文化を堪能した後は、レトロな電車に乗って温泉につかったのでした。「静岡茶詰め放題」を体験 東海道線六合駅に午前9時集合。親父(おやじ)と叔父と弟と4人がそろった。「1泊でも男の荷物は簡単なもんだ」と叔…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tokaido_kao

丸山 謙一(まるやま・けんいち)
1966年横浜市生まれ。読売新聞東京本社の社会部デスク、盛岡支局長、医療ネットワーク事務局長などを経て現在、教育部長。歴史探訪とご当地グルメを楽しんでいる。道楽で街道ウォークをやっていて、親父たちと一緒に毎月1回、休日に歩き継いでいる。毎回10キロ、2万歩が目標。

翁とてくてく東海道の一覧を見る

最新記事