文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[タレント はしのえみさん](下)数人の客の前で演じ続けた下積み時代 「姫様」との出会いが人生を変えた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

怖いもの知らずだった16歳の頃

[タレント はしのえみさん](下)数人の客の前で演じ続けた下積み時代 「姫様」との出会いが人生を変えた!

――ご出身は鹿児島なんですね。どんな子ども時代でしたか。

 鹿児島市内で育ちました。2歳頃のことを母に聞くと、私は「団地で一番強い子」だったそうです。2歳違いの兄が泣かされて帰ってくると、私が敵を討ちに行ったとか(笑)。

――16歳で一人東京へ。迷いはなかった?

 怖いもの知らずだったので、失敗することなんて考えてませんでした。

 ずっと芸能界に憧れていて、中学生の時に雑誌を見てオーディションに応募。履歴書と写真を送ったのですが、事務所の社長が鹿児島まで来てくれて面接をしました。そして「高校生になったら呼びます」と言ってくれました。

 鹿児島にはタレントの養成所もないので、自分の部屋で歌やダンスの練習をするしかない。「やっとレッスンを受けられる」と思うと、うれしかったですね。

泣きながら社長に「もうだめです」

――そうして始まった芸能生活は順風満帆でしたか。

 そうではなかったです。小堺一機さんの番組に、当時人気だったCHA-CHAの妹分を作ろうという企画があって、私はオーディションに合格したんです。ところが、これはデビューせずに終わりました。すると、番組のスタッフが、できたばかりの欽ちゃん劇団を紹介してくれました。

 100人収容できるショーレストランで365日舞台に立つのですが、お客さんが数えるほどしか入らない日が続きました。来る日も来る日も同じ場所で同じメンバーと。「私はいつまでここでやっていくんだろうか」と考えるようになり、ある日、本番と本番の合間に、2階席にいた社長のところに行って「もうだめです」と訴えました。社長は「いったん帰って休んでおいで」と言ってくれました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事