文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

不妊治療の検査で女性死亡、担当医ら書類送検へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 セントマザー産婦人科医院(北九州市)で2016年、不妊治療の検査を受けた福岡県内の女性(当時30歳代)が死亡する医療事故があり、県警は担当した男性医師(30歳代)と男性院長(60歳代)ら医師3人について、23日にも業務上過失致死容疑で福岡地検小倉支部に書類送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、女性は16年11月、不妊症の治療のため、卵管に詰まりが生じていないかを調べる検査を受けた。

 担当医らは、詰まり具合を確認するため卵管に気体を送り込む検査を実施。全身麻酔をかけ、腹部に開けた穴からカメラや器具を挿入する 腹腔ふくくう 鏡の手法で行った。女性はその後、容体が急変、北九州市内の別の病院に搬送され、同年12月に肺 塞栓そくせん 症を起こしたことによる多臓器不全で死亡したという。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事