文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【いのちの値段】対話のカタチ(1)激痛の原因求め さまよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【いのちの値段】対話のカタチ(1)激痛の原因求め さまよう

自宅の居間で、自分の痛みについて記録する横山さん。見守る娘(左)も良き話し相手だ=園田寛志郎撮影

 教えてほしい。この身を切り刻む激痛の原因を。癒やしてほしい。人生をめちゃくちゃにするこの苦しみを。千葉県我孫子市の主婦、横山玲子さん(59)は、2012年冬以来、11の医療機関を転々とした。

 横山さんは、公務員の夫(59)や看護師の娘(26)と3人家族。同じ敷地内にある別の一軒家に、両親やめいらがいた。大家族ゆえの難しさがあった。玲子さんはみんなの話を聞き、全体のバランスをとっていた。

 母が重い脳 梗塞こうそく を患った。体が衰え、母に依存していた父が亡くなった。症状が激化したのはその頃だ。左足のピリピリした痛みが尻や足裏、太ももに広がり、皮膚がやけどでただれるような激痛になった。

 いくら検査を重ねても、原因が分からない。自己免疫疾患のシェーグレン症候群とする診断もあるが、確定はしない。

 14年冬、こうした病気の専門クリニックを訪ね、ステロイドを処方された。朝、服用すると楽になるが、夜はリバウンドで激痛や 動悸どうき に襲われる。夜中、眠れずに居間を歩き回った。翌朝電話をしても、医師につないでもらえなかった。

 たまらず入院した公立病院では、ステロイドを中止した。痛みが始まる。元のクリニックを再び頼ると、ステロイドが増量された。「いつまで続けるんですか」「痛みがなくなるまで」。絶望し、自分で自分の首に手をかけた。死にたい、死にたい。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事