文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアニュース

ニュース・解説

平均寿命1位、男性は横浜・青葉区…最下位は男女とも大阪・西成区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
平均寿命1位、男性は横浜・青葉区…最下位は男女とも大阪・西成区

 厚生労働省は17日、2015年時点の市区町村別の平均寿命を発表した。1位は男性が横浜市青葉区(83・3歳)、女性は沖縄県 北中城きたなかぐすく 村(89・0歳)だった。青葉区は前回調査(10年時点)の8位から順位を上げ、北中城村は3回連続の1位。最下位は男女とも大阪市西成区(男性73・5歳、女性84・4歳)だった。

 厚労省は5年に1回、国勢調査などから市区町村別の平均寿命を推計しており、今回で4回目。東京電力福島第一原発事故で避難指示区域に指定されるなどした福島県の8町村を除く、1888市区町村を対象にした。

 男性の全国平均は80・8歳、女性は87・0歳だった。男性では上位5位に神奈川県の3自治体が入り、女性では沖縄県が目立った。男性のワースト1位だった大阪市西成区と同2位の同市浪速区の差は4歳と大差がついた。

 厚労省は「食生活などが影響している可能性があるが、明確な要因は分からない」としている。男性でトップだった横浜市青葉区の担当者は「区民への調査では、日常的に歩いたり、野菜を食べたりする人が多かった。健康に対する意識の高さが関係しているのではないか。引き続き健康作りに力を入れたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

シニアニュースの一覧を見る

最新記事