文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

産後2週内に不安ピーク「体のトラブル、疲れ、睡眠不足」で…全国初調査で判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
産後2週内に不安ピーク「体のトラブル、疲れ、睡眠不足」で…全国初調査で判明

 妊娠・出産で女性が不安や負担を感じるのは産後2週未満がピークで、半数以上が体のトラブルや疲れに不安を抱いていることが、厚生労働省の実態調査でわかった。妊産婦のメンタルヘルス(心の健康)に特化した全国調査は初めてで、同省は、産後うつなど精神的に不安定になりやすい時期の心のケア充実に生かす。

 2017年11月~18年1月、産後3~4か月の女性4541人を対象に調査し、1900人(回収率42%)が回答した。

 調査では、「妊娠中」「産後2週未満」「産後2~8週」「現在」の時期ごとに、どのような不安や負担感があったか選択してもらった(複数回答)。すると、産後2週未満に不安を感じた人が多く、心の不調が起きやすい傾向がうかがえた。

 具体的には、この時期、「体のトラブル」に不安を感じた人が56%と最も高く、産後2~8週を15ポイント上回った。ほかに、「妊娠・出産・育児による体の疲れ」(53%)、「十分な睡眠がとれない」(54%)も多かった。

 「孤独だと感じる」も産後2週未満が12%で最高。この項目を年齢別で見ると、20~24歳が17%と最も高く、他の年代を4~11ポイント上回った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事