文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

土俵上で応急処置 「女性は下りて」放送…京都の春巡業で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 京都府舞鶴市で4日に行われた大相撲の春巡業で、あいさつ中に倒れた多々見良三・舞鶴市長(67)の応急処置のため土俵に上がった女性に対し、土俵から下りるよう求める場内アナウンスが流されたことがわかった。

 春巡業は4日朝から舞鶴文化公園体育館であり、横綱の白鵬関、鶴竜関ら幕内力士の取組などが行われた。

 市民らでつくる実行委員会などによると、4日午後2時過ぎ、多々見市長はあいさつ中、突然あおむけに倒れた。女性数人が土俵に上がり、救急隊員が駆け付けるまで、心臓マッサージなどの応急処置を実施した。場内では「女性の方は土俵から下りてください」とのアナウンスが何度か流れたという。多々見市長は病院に搬送されたが、意識はあり、会話もできる状態だという。

 実行委は「救急隊員に処置を引き継いだ後に放送が流れたと認識している」と説明している。

 一方、日本相撲協会の八角理事長は「とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」との談話を発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事