文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大人の健康を考える「大人び」

コラム

お肌の悩み(1) 紫外線対策と保湿重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 顔にできたしわやしみ、乾燥やべたつきなど、肌に関する悩みは尽きません。よい状態を保つには、どうすればいいのでしょうか。近畿大学病院皮膚科で女性外来を担当する皮膚科専門医の山本晴代さんに聞きます。(聞き手・佐々木栄)

◇ 
お肌の悩み(1) 紫外線対策と保湿重要

 年を重ねても美しくみずみずしい肌でいたい。アンチエイジングを意識し、様々なスキンケアを施している人も多いでしょう。

 悩みは圧倒的に女性に多く、20代はニキビや毛穴の詰まり、30代は乾燥やくすみ、40代以降はしみやしわ、たるみを気にしています。男性はべたつきやしみ、イボなどの悩みが目立ちます。

 美容やスキンケアの情報は社会にあふれ、何が正しい方法で自分に合うスキンケア用品はどれなのか、迷路に入り込む人が多いのも現実です。試行錯誤する中で、かえって肌の状態が悪くなった経験のある人もいるでしょう。

 肌を若々しく健康的に保つために大切なことが二つあります。一つ目は紫外線から守ること、二つ目が正しい保湿ケアです。基本的なことですが、肌にとってはとても重要です。強い紫外線を長時間、浴びることはしみや深いしわを作る一因です。一方で、正しい保湿ケアを習慣づけていれば防げる小じわもあります。

 私たちの皮膚の細胞は日々変化していて、およそ28日のサイクルで新陳代謝を繰り返しています。その仕組みを知り、適切なケアを続けていくことが「健康的な肌」に近づく第一歩になります。

【略歴】

山本 晴代(やまもと・はるよ)

2004年、近畿大学医学部卒。PL病院皮膚科医長、近畿大学医学部皮膚科医学部講師を経て、現在は近畿大病院皮膚科で「女性外来」を担当。専門は光老化。分担執筆に「美容皮膚科ガイドブック」(川田暁編著、中外医学社)がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

otonabi_logo_200

大人の健康を考える「大人び」
大人に特有の体の悩みに応えるコーナーです。各テーマの専門家がアドバイスします。

大人の健康を考える「大人び」の一覧を見る

最新記事