文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

コラム

いいこともあります! 若年性認知症の人の介護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

漫画・日野あかね

本人が若い=介護する家族も若い

 前回、53歳で脳出血を起こし、じわじわと脳血管性認知症になっていった父さんは、「若年性認知症」(64歳以下で発症したケース)でもあり、若くして発症したことで、本人や家族が大変だったり、切ない思いをしたお話をさせていただきました。

 一方で今回は、「父さんが若年性認知症だったとしても、悪いことばかりではない!」という、私の「若年性認知症介護あるある」のお話です。

インターネット万歳!

 親が若年性認知症になった場合、その子どもたちも介護の担い手となる場合が多いようです(私はコレ!)。そして親に限らず、祖父母や兄弟、そのほか家族などの介護を担っている若者は、「ヤングケアラー(若者介護者)」と呼ばれ、昨今はメディアでもよく取り上げられるようになりました。

 父さんが若年性認知症だとわかった20年前は、「ヤングケアラー」といったような、「若くして介護を担っている人」の呼び名もなく、同じような境遇の人がいても、なかなか出会う機会がありませんでした。そのため孤独を感じ、先の見えない介護生活に行き詰まったことも……。

 ところが、父さんが若年性認知症と診断されて10年が過ぎたころから、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで日本全国にいる同じような境遇の人と家にいながらにして つな がることができるようになりました。これも、インターネットが身近な世代である「ヤングケアラー」ならではの「若年性認知症介護あるある」だと私は考えています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症介護あるある~岡崎家の場合~

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の「ダブルケア」の毎日を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症介護あるある~岡崎家の場合~の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事