文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

片方の目がほぼ見えなくても「障害者」ではない?…「慣れれば大丈夫」ではない苦しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
片方の目がほぼ見えなくても「障害者」ではない?…「慣れれば大丈夫」ではない苦しみ

 「私は片目障害者ですが、視覚障害として認定されないことは『人権問題』です」

広島県の男性 (オー) さん(84)からお手紙をいただきました。このコラムコーナーの 「片目失明なのに障害認定されず…重要な問題提起に、説明も反論もなし」 を読んでくださったそうです。

 読者のみなさんには、そもそも、人間にとって、目や耳や手足は一対でそろって初めて健常な機能を発揮する、という基本には賛同いただけると思います。

 身体障害者手帳の交付を決める障害者認定基準はどうなっているでしょうか。たとえば、 片方の腕の機能を失ったら2級、片方の足の機能を失ったら3級に認定されます。

 でも、目と耳については、片方の機能を失っても、すぐに障害者の認定には該当しません。

 日本の身体障害者福祉法は、視力や聴力に関しては細かな規定を設けていて、その数値に合うかどうかで判定します。たとえ片方の目や耳がほとんどその機能を失ったとしても、それだけでは「障害」とは認めないのです。冒頭に記した基本を無視しています。

片方の目だけで無理すれば…頭痛、肩こり、不安、不眠にも

 私の専門である眼科の視点から、もう少し詳しく解説しましょう。距離感や奥行きの感覚は、両目がちゃんと働いて、初めて得られるものです。専門用語では「両眼視機能」といいます。

 もしも、片目だけで、両目で見ている人と同じレベルで何かを見ようとするならば、その片目には過度の負担がかかります。見続けることができる時間は限られる上、眼痛、頭痛、肩こり、悪心(気分が悪くなること)など眼精疲労の症状も出てきます。

 無理やり続ければ、やがて抑うつ、不安、不眠などの精神症状も出てくるでしょう。

 でも、こうした実態は、職場ではなかなか理解されません。「仕事が遅い」「能力不足」などのレッテルをはられたり、「飽きっぽいやつ」「サボリーマン」などの悪口を言われかねません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事