文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活

コラム

「健康によい食べ物」は本当に私たちを健康にしてくれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「健康によい食べ物」は本当に私たちを健康にしてくれる?

訪問指導では患者さんとしっかりコミュニケーションを取り「漠然とよい」ではなく、一人一人に合った食事を考えています

 それぞれの家庭には、それぞれの「食生活のルール」があり、在宅訪問管理栄養士の私も驚かされることがあります。例えば、「寝る前にナッツを食べる」「朝は梅干しとにんにくのしょうゆ漬けを食べる」など、外からは思いもよらない「食習慣」が家庭のルールとなって、日常生活に深く浸透しているのです。

 最近気になるのは、特定の食品や食べ方にこだわる理由を尋ねると、ほとんどの方から「健康にいい食べ物(食べ方)と聞いたから」との答えが返ってくることです。しかし、よくよく考えてみると、「健康にいい」とはとても曖昧な表現です。何をもって「健康にいい」のか分からないまま、なんとなく続けている食習慣、あなたのご家庭にはありませんか?

 「糖尿病の予防によい食べ物」「脂質異常症の改善によい食べ物」など、特定の病気に対しての効果なら具体的にイメージしやすいのですが、「なんとなく健康によい」とされる食べ物には、本当に効果があるのでしょうか。

心当たりのない「高コレステロール血症」の謎をめぐって

 知人女性のAさんから、健康診断の検査結果とご自身の食生活のことで相談を受けました。

 「毎日たくさんの野菜を食べ、肉類や揚げ物はほとんど取っていないのに、血中LDLコレステロールの値が高いと指摘されたの。どうしてかしら?」

 コレステロールとは体内で生成される脂質のことで、LDLコレステロールの数値が高い状態は、動脈硬化の原因の一つになることが分かっています。

 そこで、私はAさんの「いつもの食事」の内容を朝食から順番に聞いていきました。たっぷりの野菜や果物、魚介類が中心で、確かに普段の食生活には問題がなさそうでしたが、ひとつだけ気になることがありました。

 「健康にいいから」と自家製のヨーグルトを毎日たくさん食べていたのです。

 彼女が毎日食べるヨーグルトの量は牛乳パック約1本分。自家製ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌を加え、発酵させて作ります。低脂肪牛乳などでは発酵させにくいため、普通は成分無調整牛乳を使います。私は、このヨーグルトが血中LDLコレステロールを上昇させる原因ではないかと考えました。

 乳製品には「飽和脂肪酸」が多く含まれています。この脂肪酸を取りすぎると、血中LDLコレステロールが上昇しやすくなることを告げると、Aさんは「ヨーグルトは健康によいと思っていたのに!」と大変驚いていました。注意していただきたいのは、「飽和脂肪酸」は必ずしも悪者ではないこと。エネルギー源になるのはもちろん、細胞膜を構成する成分のひとつです。また、極端に不足すると皮膚の脂分が減少し、カサカサになってしまうこともあります。体の中で大切な役割を担っているのです。

 その後、Aさんはこれまで続けてきた食事内容はほとんど変えずに、ヨーグルトの量を減らしてみました。その結果、1年後の健診では、LDLコレステロールの値が基準値内に収まったそうです。

健康にいいかどうかは、体と相談して決めよう

 逆のパターンもあります。仙台市の80代女性Bさんは、体の 麻痺(まひ) で自由に体を動かすことができず、栄養状態も低下していました。寒い時期に使っていた湯たんぽが原因の低温やけどで皮膚がただれ、足には「床ずれ」ができてしまって、それがなかなか治りませんでした。食事内容を確認すると、皮膚を作り出す材料となる「たんぱく質」の摂取量がかなり不足していました。そこで「卵」を1日2個以上食べることを提案したところ、「(食事を作っている)娘が、卵は生活習慣病によくないと言って、我が家ではほとんど卵料理が出ないのよ」と言うのです。

 以前、このコラムでも触れましたが、「卵はコレステロール値を上げるから、あまり食べない方がいい」は過去の常識です。「良質なタンパク質」を含んでいることを説明し、食生活に加えてもらうようお願いしました。

 まったく食べなかったり、逆に食べ過ぎたりすることで、思いもよらないことが体に起こることがあります。Bさんのように、家族の「思い込み」が健康状態に影響を与えてしまっている場合もあるのです。「よい」と信じて摂取している健康食品なども、逆にその人の健康や生活の質を損なってしまう可能性があります。

 漠然と続けている食習慣があれば、本当に自分や家族の健康のためにいいことなのか、見つめ直してみてはいかがでしょうか。(塩野崎淳子 在宅訪問管理栄養士)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

塩野崎顔2_100

塩野崎淳子(しおのざき・じゅんこ)

 「訪問栄養サポートセンター仙台(むらた日帰り外科手術WOCクリニック内)」在宅訪問管理栄養士

 1978年、大阪府生まれ。2001年、女子栄養大学栄養学部卒。栄養士・管理栄養士・介護支援専門員。長期療養型病院勤務を経て、2010年、訪問看護ステーションの介護支援専門員(ケアマネジャー)として在宅療養者の支援を行う。現在は在宅訪問管理栄養士として活動。

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事