文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

群大病院で死亡がん患者、診察に1年前の画像…「もっと早く治療できた」謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
群大病院で死亡がん患者、診察に1年前の画像…「もっと早く治療できた」謝罪

謝罪する田村病院長(中央)ら(30日、前橋市の群馬大病院で)

 群馬大学病院は30日、コンピューター断層撮影(CT)検査でがんが疑われた70歳代の男性患者に対し、誤って1年前の画像診断報告書を基に診察し、がんの治療が遅れたと発表した。男性は、問題の診察から10か月後の2017年5月に胆管がんと診断され、同10月に死亡した。病院は、正しい報告書で診断していれば治療を早く開始できたとし、遺族に謝罪した。

 発表によると、男性は10年以上前に同病院の呼吸器外科で胸部の悪性腫瘍の手術を受け、その後は年1回、CT検査を受けていた。

 男性が16年7月にCT検査を受けた際、呼吸器外科の担当医は、誤って1年前の検査の画像診断報告書を見て診察し、悪性腫瘍の再発などはないと診断した。報告書は放射線科医が作成し、診察時にはまだ、新しい報告書はできていなかったという。

 男性は17年3月、別の病気の治療で同病院の腎臓・リウマチ内科を受診した際、「胃が痛い」と訴え、消化器・肝臓内科での検査を経て胆管がんと診断された。胆管がんは進行しており、抗がん剤治療を受けたが、同10月に死亡した。

 男性の16年の画像診断報告書には「肝臓の一部にがんの可能性がある病変があり除去が必要」という内容の記載があり、同病院は「16年の報告書が生かされ、ただちに精査が行われていたら、がんの診断、治療をもっと早く開始できた」としている。

 腎臓・リウマチ内科の医師が過去の受診記録を見返し、呼吸器外科で誤って1年前のCT画像で診察した可能性に気付いたという。

id=20180402-027-OYTEI50006,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 同病院は、10年以降、画像診断報告書の確認不足でがんの発見が遅れるなどしたケースが、ほかに3人分あったことも明らかにした。2人は病状の見通しは変わらず、1人は手術をし、経過をみている。

 再発防止策として、担当医が画像診断報告書を確認したことが通知されるようシステムを改修した。記者会見した田村遵一病院長は「ご遺族に心よりおわび申し上げる。(院内の)改革を進めている中で、このようなことが起こり、非常に残念だ」と謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事