文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

歌手 研ナオコさん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[歌手 研ナオコさん]片頭痛と橋本病(3)念のため検査 娘にがん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 片頭痛で脳が慢性的な興奮状態になった。橋本病で甲状腺の炎症が起きる――2010年秋、長年の不調の原因がわかった。薬を飲み始めると、頭痛は軽減し、だるさや肌荒れも消えた。

[歌手 研ナオコさん]片頭痛と橋本病(3)念のため検査 娘にがん

 心配が残った。医師から甲状腺の病気になりやすい体質は遺伝しやすいと聞いた。当時21歳の長女ひとみさんを、同じ病院に連れて行くことにした。甲状腺の超音波検査で、小さなしこりがいくつか見つかった。画像からは、悪性の可能性は低いが、大きく腫れる可能性もあり、経過観察を勧められた。

 だが、ひとみさんは「余計なものはすぐにとりたい」ときっぱり言った。反対はしなかった。「私と似て、こうと決めたら揺るがない。いや、私より潔いかもしれない」

 11年4月、ひとみさんはしこりの摘出手術を受けた。診断結果は悪性。「乳頭がん」というおとなしいタイプだったが、転移の危険はゼロではない。手術後、自分と同じ甲状腺ホルモンを補う薬を飲み始めた。

 「私は1日2錠で娘は1錠。飲み忘れると(娘に)怒られる。でも、つい忘れちゃう。あ、今日も帰ってから飲まないと」

 ひとみさんは手術後、本格的な歌手活動を始めた。コンサートでは、息の合った親子共演でファンを楽しませている。

 「不調を放置せずに受診して良かった」と心から思う。

 

  歌手 研ナオコさん(64)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

歌手 研ナオコさん

最新記事