文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

目が不自由になって生活できない…地域包括支援センターの救いの手は届く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
目が不自由になって生活できない…地域包括支援センターの救いの手は届く?

 持病の悪化などで目が不自由になり、日々の暮らしが困難になってしまうことがあります。頼れる家族などがいない時、だれに相談して、どうすればよいのでしょうか。

 観光ガイドの男性Mさん(59歳)は20年前に糖尿病と診断されたものの、多忙にまぎれて、薬の服用や生活の改善などが十分にできず、病気が進行してしまいました。糖尿病網膜症、続発緑内障、腎症といった合併症を起こし、3年前からはインスリン治療を受けています。

 Mさんは、目の症状では (しょう) 子体出血を繰り返していました。眼科医からは「治療を続けるように」と厳しく言われていましたが、出血がなくなるとすぐ通院をやめてしまっていたため、とうとう、両目とも明暗しかわからない「 光覚弁(こうかくべん) 」になってしまいました。

ケアマネジャー派遣…自宅からの通院生活プランが軌道に

 Mさんは、収入の道も閉ざされました。入院して手術しましたが、視力は回復しませんでした。

 頼れる人はなく、「このまま一人暮らしを続けるしかない」とMさんは考えていましたが、一人で買い物や料理をすることはおろか、通院も困難な状態でした。

 退院指導に困った看護師は、院内のソーシャルワーカーに相談しました。その結果、Mさんの住む地域の地域包括支援センターに話がつながり、ケアマネジャーがつくことになりました。

 ケアマネジャーの協力を得て、Mさんは、介護保険の適用を申請し、通院しながら自宅で暮らすプランが軌道に乗りだしました。

 地域包括支援センターは、2005年の介護保険法改正で創設されました。各人が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるため、住まい、医療、介護、生活支援、介護予防のサービスを包括的に受けることができるケアシステムの中心的役割を担うところです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事