文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精神科医・内田直樹の往診カルテ

医療・健康・介護のコラム

認知症の人の一人暮らしを支える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
認知症の人の一人暮らしを支える

 家族の形はさまざまです。家族の一員が認知症になった時に、だれもが支援できるわけではありません。だからといって、もう施設を選ぶしかない、とあきらめる必要はありません。症状を見極め、しっかりとした支援態勢を作れれば、認知症の人でも、一人暮らしができるのです。

知的障害のある息子と生きて来た母に異変が

 Aさん(90)は、夫が早くに亡くなったため、68歳まで不動産会社の経理として働きました。女手一つで育てた一人息子には軽度の知的障害があり、特別支援学校卒業後は就労継続支援A型事業所に通所していました。

 Aさんは、5年ほど前から同じものをいくつも買い込み、同じ話を繰り返すようになりました。4年前の夏には失踪してその3日後に隣県の親戚宅に現れ、「息子が入水したけど助かった」などと言いました。

 「亡くなった親戚が大勢来ている」「天井から一千万、二千万と声が聞こえる」と言うため、精神科病院に緊急入院しましたが、服薬で幻覚や妄想が軽快して退院。しかし、体を動かしにくく、よだれが止まらないなどの症状が出たため、息子が評判を聞きつけた精神科クリニックを訪ねたところ、「レビー小体型認知症」と診断されました。

 レビー小体型認知症は、脳血管型認知症と並んで、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症です。もの忘れなどの認知機能障害の程度が、同じ日でも変動し、表情がこわばる、歩き方が小刻みになるなど、パーキンソン病のような症状が出ます。現実めいた幻視も多く見ます。

 幻覚や妄想に用いられる薬でパーキンソン病様の症状がひどくなることがあります。Aさんも、薬を中止するとよくなりました。

骨折で歩行が困難になり、施設を選択したが…

 しばらくはヘルパーの支援やデイサービスを利用して息子との生活が続きましたが、1年前に買い物の途中で転倒して大たい骨を骨折。手術とリハビリで自力歩行はできるようになりましたが、入院中に幻覚などがあり、認知症が悪化したと評価されました。

 Aさんは、施設に入居することになりました。知的障害を抱える息子さんが、自分では母親を介護しながらの生活はできないと言ったからです。施設に入居したAさんの訪問診療を、私が担当することになりました。

 初診時のAさんは、「どこも悪いとこはないよ」と穏やかでした。施設についても「どこでもすぐ慣れるから大丈夫」と言っていました。

 幻覚や妄想にも、目立ったものはありません。詳しく聞くと、妄想や幻覚に伴う興奮がみられたのは手術後の短い期間だけで、手術によるせん妄状態が重なっていたと判断しました。

 しかし、定期的な診察の過程で、少しずつ施設への不満が出てきました。夕食が16時半で消灯が20時と早い。仲良くなった他の入居者と部屋でおしゃべりさせてもらえない。食事が冷めていておいしくない。お茶が出がらしで我慢がならない。

 ずいぶんと不満がたまり、「ここにいてもすることがないし、窮屈。施設を出たい」と訴えるようになりました。怒りっぽくなるにつれ、施設の職員とささいなことで衝突するようにもなりました。

 Aさんのような状態を、簡単に怒る「易怒性」とし、「帰宅要求に伴う不穏」な様子とみなして、静かにさせる薬物療法が行われることがあります。しかし、Aさんの主張にも一理ありました。息子さんが同居に不安を訴えていたところ、Aさんが「それなら一人暮らしをしたい」と言い出しました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

uchida-200

内田直樹(うちだ・なおき)

医療法人すずらん会たろうクリニック(福岡県福岡市東区)院長、精神科医、医学博士。1978年長崎県南島原市生まれ。2003年琉球大学医学部医学科卒業。福岡大学病院、福岡県立太宰府病院を経て、10年より福岡大医学部精神医学教室講師。福岡大病院で医局長、外来医長を務めた後、15年より現職。日本精神神経学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医、NPO法人日本若手精神科医の会元理事長。在宅医療の普及を目指して「在宅医療ナビ」のサイト運営も行っている。編著に「認知症の人に寄り添う在宅医療」(クリエイツかもがわ)。

精神科医・内田直樹の往診カルテの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事