文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[アーティスト・デザイナー 篠原ともえさん](下)いつも元気なシノラーの呪縛 「弱いあなたでいいのよ」と母は言ってくれた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

フィギュアスケートを始めました!

20180315-OYTET50009-02-500

――先月、お誕生日を迎えましたね。39歳の自分って、どう思いますか?

 素直に喜びたいです! 私、この仕事をさせていただいて特別だと思うのは、年齢を重ねていく姿を、皆さんに見てもらえることだと思うんです。だから、年齢によって変化していく私も好きでいたいです。

――今年になって、新しく始めたことがあるそうですね。

 はい、フィギュアスケート(笑)。羽生くん、すてきでしたよね~。

 フィギュアの番組でナレーションをしたのがきっかけです。しゃべりながら、感動で泣きそうになってしまいました。自分も習ってみようと思い立ち、今年から先生に付いて練習しています。これまで使わなかった筋肉を使うので、練習後の3日間くらいは筋肉痛で大変なことになってます。

 「なんで今から」と思われるかもしれませんが、少しずつ自分のステージが上がっていく感覚があってうれしいんです。最近は、後ろ向きに滑ることができるようになりました。ターンができるまでには、あと3年かかると言われています。

 ただ、私、スポーツはあまり続かないほうなので……。2年後は東京オリンピックですから、今度はボルダリングにはまっているかもしれません(笑)。

――やがて迎える40代。どのような10年間にしたいと思いますか。

 自分のファッションは、10代はカラフルでポップに、20代はいろいろなジャンルを装いました。30~40代は、長く愛されるスタイルを自分で生み出したい。大人も楽しめるものをと、今年は着物のデザインも手がけさせていただく予定です。

 そして、シノラー世代がみんな一緒に明るく年を重ねていけたらうれしいです。

20180420-shinohara2-thum

しのはら・ともえ
 1979年、東京都青梅市出身。95年に歌手デビュー。個性的なファッションを多くの同年代女性がまね、シノラー現象を巻き起こした。音楽活動や女優、タレントとして幅広く活躍する傍ら、ファッションデザイナーとしても注目されている。4月26~28日の日本ホビーショー(会場・東京ビッグサイト)では、著書「ザ・ワンピース for KIDS 篠原ともえのソーイングBOOK」(文化出版局)の発売記念イベント「シノラーキッズコンテスト2018」(28日)を開催する。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事