文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[アーティスト・デザイナー 篠原ともえさん](上)芸能とファッションのダブルワーク 疲れた心身を癒やす「魔法」のかけ方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[アーティスト・デザイナー 篠原ともえさん](上)芸能とファッションのダブルワーク 疲れた心身を癒やす「魔法」のかけ方とは?

 明るく個性的なキャラクターと原色を主とした独自のファッションが人気となり、1990年代後半のティーンに多くの「シノラー」を生み出した篠原さん。歌手、女優、ファッションデザイナーなどなど多くの顔を持ち、39歳になった今でも新しいことにチャレンジし続けています。(聞き手・梅崎正直、撮影・高梨義之)

寺社巡りも天文観測も仕事になって…

――本当に多彩な活動をされていて驚かされます。自己紹介するなら、どう言いますか。

 うーん。16歳で歌手デビューして、その後女優も始め、最近ではデザイナーとして活動しているとプロフィルには書いてありますけど、やっぱり歌手であることが基本だと思っています。

――趣味も多くて、それがまた仕事になったり。最近は、御朱印の本も出されたそうですね。

 「御朱印をはじめよう」というタイトルの本を昨年末に出版しました。最初は、こんなに御朱印集めに夢中になるとは思っていませんでした。

 5年ほど前、NHKの仏像を巡る番組にアシスタントとして出演させていただき、行く先々でお土産代わりに御朱印帳を買っていたら、御朱印や御朱印帳を集めることがいつの間にか好きになっていました。そのご縁で奈良の東大寺や日光山輪王寺の御朱印帳デザインもさせていただきました。

 今は若い方も集めてますよね。ただ、宮司さんやご住職のお話を聞くと、参拝する前に御朱印をもらおうとするなど、マナーを知らない人も多いという話を聞き、本には参拝のマナーも盛り込みました。

――天体観測では、本を出しているほか、各地の「星空大使」などを任されています。

 幼少のときに両親から双眼鏡をプレゼントされました。空を見ていると、肉眼では見えないものがレンズを通して自分のいるところに飛び込んでくる。それに感動したんです。

 高校時代は天文部でした。天体観測は、ファッションのインスピレーションにもなっています。

 趣味が多すぎて時間はいくらあっても足りませんね(笑)。

――そうだと思います。寝る間もないのでは?

 音楽やテレビのお仕事を終えても、デザイナーとしての宿題があるんです。デザインを考えたり、プレゼン資料を作ったり。衣装やアクセサリーを作ることもあります。もちろん1人での作業なので、重なると、2~3時間睡眠の日が続くこともあります。妥協して後悔するのが嫌なので、つい無理をしてしまいます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事