文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

統合失調症、患者家族向けに「薬物治療ガイド」…日本神経精神薬理学会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本神経精神薬理学会は、統合失調症の患者家族向け「薬物治療ガイド」を公表した。

 統合失調症の治療に使う抗精神病薬は、幻聴や妄想などの症状を抑える作用がある反面、手足の震えや意欲低下など様々な副作用が表れることがある。適切に使うことが不可欠だが、医師によってばらつきがあり、特に日本では海外に比べて複数の種類の抗精神病薬を併用する、多剤投与が問題になっていた。

 同学会では、国内外の過去の医学論文を検証し、一度に使う抗精神病薬を1種類に限定することを基本とした医師向け指針を2015年に作成。その後も改訂を重ねてきた。

 今回のガイドは、指針の内容を患者家族に普及させるのが狙い。患者や家族、医師以外の医療関係者、法律家なども交えて話し合い、患者にもわかりやすいように解説を加えた。作成者の一人で大阪大准教授の橋本亮太さんは「患者さんが医師と相談しながら治療方針を決めていく上で、ガイドが手助けになれば」と話す。

 同学会の ホームページ で公開されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事