文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

名大病院研究生が患者情報PC盗難…3000人分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 名古屋大学医学部付属病院(名古屋市昭和区)と大垣市民病院(岐阜県大垣市)は13日、付属病院の男性研究生(33)が、両病院の患者計約3000人分の個人情報が入った私物のノートパソコンとUSBメモリーを盗まれたと発表した。個人情報の不正流用などは確認されていないという。発表によると、研究生は2月25日、東京都内で開かれた勉強会に参加した後、ゲームセンターでパソコンなどが入ったかばんを盗まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事