文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

その医療 ホントに要りますか?

コラム

抗うつ薬は8割の患者に無意味!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 うつ病の人が増えています。うつ病の治療薬である「抗うつ薬」も、たくさん使われるようになりました。ところが、8割の人には抗うつ薬は役に立たないといいます。一体どういうことでしょうか。

処方は急増…でも効果は限定的

20180319-tanaka500

 うつ病は、気分がひどく落ち込む(抑うつ)、好きなことでも興味がわかない、何事にも意欲が起きない、といった状態になる病気です。眠れない、食欲がない、疲れやすいといった身体的な症状も表れます。

 日本では、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる新しい抗うつ薬が1999年に発売され、よく使われるようになりました。従来の薬に比べて副作用が少ないとされたためで、抗うつ薬の販売額は10年足らずの間に5倍以上に急増しました。うつ病で治療を受ける人も約100万人と、それまでの2・5倍に増えました。

 しかし、抗うつ薬の効果はそれほど大きくありません。

 2010年、米国ペンシルバニア大学の研究チームが、「うつ病の症状が軽いか中程度の場合、抗うつ薬には効果がみられない」と報告しました。この研究では、抗うつ薬を使った患者と、有効成分を含まない偽薬(プラセボ)を飲んだ患者の回復度を比較した6件の臨床試験データが解析されました。症状の重さによって、「軽症・中等症」「重症」「最重症」の3グループに分けたところ、軽症・中等症や重症のグループでは、抗うつ薬はプラセボに比べて患者の回復度に差がなかったのです。有効性が認められたのは、最重症のグループだけでした。

「効いているのは5人に1人」

 それ以前にも、抗うつ薬の効果が限定的なことを示す研究は少なくありませんでした。1995年には、米国の精神科医が、SSRIの一種セルトラリンと、プラセボを比較。セルトラリンでは、うつ症状が改善した人の割合は60%だったのに対し、プラセボでも42%の人が改善したと報告しました。実際に抗うつ薬が効いた割合は、プラセボとの差である20%足らずだったわけです。

 独協医科大学埼玉医療センターこころの診療科の井原裕教授は「抗うつ薬が本当に効いているのは、うつ病の5人に1人。残りの8割の人には、薬は無意味です」と言います。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanaka200

田中秀一 (たなか・ひでかず)

 医療情報部(現医療部)、社会保障部、論説委員、編集局デスクを経て現職。長期連載「医療ルネサンス」を18年担当、現代医療の光と影に目を凝らしてきた。「納得の医療」「格差の是正」をテーマとしている。

その医療 ホントに要りますか?の一覧を見る

4件 のコメント

コメントを書く

うつ病を生む社会制度の改善を

はりき久実

うつ病は社会病ともいえるのでは?うつになりがちな生活習慣に陥りやすい労働や学習形態の多い社会システムの問題も大きい。 個人としては、そんな社会の...

うつ病は社会病ともいえるのでは?うつになりがちな生活習慣に陥りやすい労働や学習形態の多い社会システムの問題も大きい。
個人としては、そんな社会の罠、個人の在り方に注意深くなり改善へと動くこと、社会としては、福祉や企業、学校への監視と改善指導を充実させて、無理な生活形態、たとえば睡眠不足、それにつながる日中の外出や運動がしにくい事などや、不自然な精神状態を市民がおしつけられない制度保証をすることも大切だろう。
たとえば、保育、介護、教育などの庶民層の費用負担が軽減されれば、過度な受験競争や教育生活費のため、睡眠を削って勉強や労働に向かう必要もなくなろう。雇用者の被用者福祉への義務も見直すべき。
さらに安定収入と安定雇用の期待される専門職につける窓口も広げ、職業観地域間での賃金格差も是正されれば、広い地域で十分な専門職従事者を確保でき、労働者全体の過労働や社会格差、利用者にとっての専門家不足の不便も、改善されるのではないだろうか。個々人の生活の平等な充実から、少子高齢化問題も解決されるだろう。

つづきを読む

違反報告

精神疾患における原因と治療の比率

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

うつを含む精神症状や精神疾患は直接なり間接なり様々な原因が絡んでいます。 健全な精神は健全な肉体に宿るというのはあながちウソではありません。 社...

うつを含む精神症状や精神疾患は直接なり間接なり様々な原因が絡んでいます。
健全な精神は健全な肉体に宿るというのはあながちウソではありません。

社会的要因、生活要因、身体疾患に伴う二次的な精神症状に関していえば、やはり、根本原因への介入や認知が重要になりますが、煩雑で、難解です。
特に社会要因や家族関係などへの介入は本人以外の要素も絡むのでひどく難しいと思います。
代理ミュンヒハウゼン病を知るとよくわかります。
正直者が馬鹿を見る社会ですし、LGBTへの啓発活動は裏を返せばそれだけの難問を社会が抱えている証拠です。

カウンセリングや運動、娯楽に準じたものは医師でなくても可能ですし、医師しか行えないのは身体疾患の診断治療や向精神薬の薬物療法になります。
だから、医師も患者も一部が薬物に固執するわけです。

風邪の抗生剤の話にも通じますが、それを真面目にやる事への世論誘導や利害調整がなされないと難しいと思います。
僕はもっと安価なスポーツ環境が整って欲しいと思います。
スポーツの語原は非日常であり、気晴らしですから。

つづきを読む

違反報告

うつにはいろいろある

セミナー

2012年12月13日に読売新聞仮本社でセミナーが井原先生のでした。記事内容と同じだったのですが、タイトルが「病院へ行く前に 生活習慣病としての...

2012年12月13日に読売新聞仮本社でセミナーが井原先生のでした。記事内容と同じだったのですが、タイトルが「病院へ行く前に 生活習慣病としてのうつ病」という事でした。セミナー始めにすぐ出たのが「悩める健康人に薬はあまり使わない」です。
薬も昔に比べたら今のはすぐれていますけど、減薬や薬からの離脱は慎重にならざるを得ないので、ずっぽり薬の治療に入るまえに可能ならという条件で生活習慣を直してみて尚かわらないようなら薬による治療ですね。今は 心拍計 血圧計 睡眠記録ができるスマートブレスレットをして大まかですがわたしは記録をしています。ストレスと回復のサインカーブというのがあるそうで、睡眠の記録をするとその記録が医師にとっては判断材料になりますね。セミナーでは医師に聞きたいことなどもメモをしていくといいと聞いたのでメモを持っていくこともあります(統合失調、てんかん患者さんは除く)。
おかげ様で当時は身動きするのもできないくらい悪化していたのですが、徐々にですけど寛解にむかっていると主治医から言われるようになっています。減薬もセミナー当時から比べたら半分以下です。良質の睡眠でサイクルを整えないと始まらないというのを実感しています。できる範囲からすこしずつ何かを始めるといいです。いきなり散歩はまず不可能ですから。あとは当時の状態への再発に気をつける生活の相談は主治医にしています。
わたしにとっては貴重なセミナーでした。ありがとうございました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事