文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアニュース

ニュース・解説

介護職員の虐待、最悪…2016年度の高齢者被害870人・女性が7割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
介護職員の虐待、最悪…2016年度の高齢者被害870人・女性が7割

 厚生労働省は9日、2016年度の介護職員による高齢者への虐待件数が452件で、統計を取り始めた06年度以来、最多を更新したと発表した。前年度比10・8%増。5年間で3倍に増え、人手不足が背景にあるとの指摘も出ている。

 職員や家族らから相談や通報を受け、自治体が虐待と認定した件数を集計した。1件で複数の被害者がいる例もあるため、被害者数は870人に上り、このうち女性が7割を占めた。

 施設別では、特別養護老人ホーム(124件)、有料老人ホーム(120件)が多かった。過去に虐待が発生した事業者で再び虐待が起きた事例が20件。同じ施設で被害者が10人以上いた事例も12件あった。

 要因は、「教育・知識・介護技術等に関する問題」(66・9%)が最多で、「職員のストレスや感情コントロールの問題」(24・1%)が次いだ。虐待内容は、殴るなどの身体的虐待、暴言を吐くなどの心理的虐待、必要な介護を怠る介護放棄、横領などの経済的虐待の順に多かった。

 一方、家庭内での虐待は1万6384件(前年度比2・6%増)で、25人が死亡した。息子からの虐待が4割を占めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

シニアニュースの一覧を見る

最新記事