文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

ヒト受精卵「改変」指針作りへ…不妊治療など一部の基礎研究に限り容認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府の有識者会議は9日、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術をヒトの受精卵に使う研究のルールについて、報告書をまとめた。

 不妊治療などに役立つ一部の基礎研究に限って改変を認め、その指針を文部科学省と厚生労働省が早急に作るよう求めた。改変した受精卵を人や動物の胎内に戻すのは認めない。今後、指針が整えば、受精卵の遺伝子を改変する研究が国内で始まることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事