文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

非結核性抗酸菌症か どうすれば

 人間ドックで肺に小さい物が写り、「非結核性抗酸菌症 MACマック 」の疑いがあると言われました。 せき などの自覚症状はなく、薬も出ず、経過観察を続けてきました。ところが1年がたち、医師から「洗いましょう」と言われ、ショックでそれ以上の話は聞けませんでした。どうすれば良いのでしょうか。(68歳女性)

気管支鏡を使い 痰を検査

鈴木克洋 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター統括診療部長(堺市)

 非結核性抗酸菌とは、結核菌と同じ「抗酸菌」のグループに属してはいるが、結核ではない細菌の総称です。これによる慢性感染症を「非結核性抗酸菌症」と呼びます。

 主に肺で起き、原因の9割近くをMACという菌が占めるため、「肺マック症」と呼ぶこともあります。結核とは異なり、人から人には感染しないので、隔離は不要です。多くは軽症で、自然に軽快する例も少なくありません。

 マックは水回りや土の中にいるありふれた菌で、ごく一部の人で肺の病気を引き起こすのです。

 最近、50歳代以上の女性に患者が増えています。CT(コンピューター断層撮影法)で典型的な画像所見があり、吐いた たん から2回マックが検出されるか、気管支鏡の細い管で少量の生理食塩水を肺に注いで痰を採る「洗浄採痰」で1回検出されると診断がつきます。

 診断されると、複数の内服薬による治療を1年以上行うのが原則ですが、軽症であれば治療を行わないこともあります。

 相談者の方は、軽い肺マック症の疑いがあり、確定診断のために気管支鏡による洗浄採痰を提案されたのでしょう。もう一度詳しく説明を聞き、納得された上で検査を受けることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

病院の実力


院内感染 チームで防ぐ

 活動時間充実度の目安病気の治療自体はうまくいっても、手術時などの院内感染で容体が悪化したり、命を落としたりする場合がある。救えるはずの命を救えない悲しい結果になるのをできる限り防ぐため、院内感染対策の取り組みは重要…

病院の実力で「感染症」を見る

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「感染症」を見る