文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

医薬品売上高10兆5000億円…前年比減、2010年以降で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2017年の国内医療用医薬品の年間売上高は、10兆5149億円と前年比1%減少し、10年以降では初めて前年を下回ったことが、調査会社アイキューヴィア(東京)のまとめでわかった。

 国内市場の約4割を占める病院市場(病床100床以上)の売り上げが、前年比1・4%減と大きく下げた。

 種類別では、がん治療薬がトップの1兆301億円(前年比7・5%増)で、初めて1兆円を突破した。2位は糖尿病治療薬で5505億円(同5・2%増)、3位は高血圧治療薬で4614億円(同8・9%減)。

 16年は2位だった抗ウイルス薬は3391億円(同44・2%減)で、9位に下がった。売上高が多く、効果が高いC型肝炎治療薬「ハーボニー」「ソバルディ」による治療を終えた人が増えたためとみられる。

 がん治療薬の中では、大腸がんなどの分子標的薬「アバスチン」が1142億円でトップ。免疫治療薬「オプジーボ」は1003億円で3位で、17年2月から半額になった影響から売上高は前年比6・9%減だった。17年2月発売の免疫治療薬「キイトルーダ」はがん治療薬の8位になった。

 販売会社の上位3社は武田薬品工業、第一三共、アステラス製薬の順だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事