文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

備蓄米、アレルギー対応に…名古屋市が77万食分を切り替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
備蓄米、アレルギー対応に…名古屋市が77万食分を切り替え

アレルギー対応食品への切り替えを進めている名古屋市の備蓄倉庫(名古屋市港区で)

 名古屋市は、災害食として備蓄するアルファ化米77万4100食を新年度、すべてアレルギー対応食品にすることを決めた。人口200万人超の国内都市では初めてで、「誰もが口にできる食品に切り替え、巨大地震に備える」としている。(小栗靖彦、池田寛樹)

 食物アレルギーのある人が卵や小麦などの特定原材料など27品目を含む食物を食べると、ショック症状を起こす危険がある。市は2015年度以降、アルファ化米を、非対応の「五目ご飯」から安全な「きのこご飯」に順次、切り替えてきた。備蓄は、16年度末で38万3500食。17年度の17万7200食に続いて、18年度、21万3400食を買い増して完全対応を実現する。当初予算案に購入費約3000万円を計上した。

 市は、南海トラフ巨大地震で想定する避難者らの3日分を備蓄。9食計169万食のうち4食をアルファ化米、残りをビスケットとしている。ビスケットについても乳、小麦、大豆の3品目以外を除いた商品購入を進め、18年度に切り替えを完了するという。

 市地域防災室の担当者は「アレルギー対応は、社会の要請。今後はビスケットについても27品目への完全対応を検討する」と話している。

 NPO法人「アレルギー支援ネットワーク」(名古屋市)は「完全対応になれば災害時、避難所でアレルギーがある人も安心して食べることができ、配る人も、非対応の食品を間違ってアレルギーのある人に渡す心配がなくなる」と評価している。

「1食の単価、20~30円アップ」コストが足かせ

 内閣府は、13年にまとめた指針で「食物アレルギーの避難者にも配慮し、アルファ化米などを備蓄する」と明記している。全国20政令市では仙台や川崎、京都などが備蓄アルファ化米をすべてアレルギー対応に切り替えている。ただ、14年の調査では「避難所を指定し、アレルギーに配慮した備蓄をしている」と答えたのは1741自治体のうち406自治体にとどまった。

 東京都、横浜市、大阪市はコストの問題などから非対応のままといい、近く買い増す約3万8000食を初めてアレルギー対応にする大阪市の担当者は「1食の単価が約20~30円上がるので、すべてを切り替えるのは難しい」としている。

 東京都は首都直下地震で220万人の避難者を想定するが、管理するアルファ化米やクラッカーなど約546万食は、いずれも非アレルギー対応という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事