文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

たばこ1日1本でもリスク、心筋梗塞1.5倍…「本数減ではなく禁煙を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
たばこ1日1本でもリスク、心筋梗塞1.5倍…「本数減ではなく禁煙を」

 たばこを1日1本でも吸う人は、吸わない人に比べて心筋 梗塞こうそく や脳卒中などの危険性が1・3~1・6倍に高まるとする研究結果を、ロンドン大などのチームが発表した。チームは「病気のリスクを下げるには、たばこの本数を減らすのではなく禁煙するべきだ」としている。

 チームは1946~2015年に発表された55本の研究論文から喫煙者のデータを分析。1日あたりの喫煙本数を1本、5本、20本に分類し、病気になるリスクを全く吸わない人と比較した。

 心筋梗塞など冠動脈疾患のリスクは、たばこを1日1本吸う男性は1・48倍、女性で1・57倍だった。1日20本では、男性で2・04倍、女性で2・84倍に高まった。1日20本吸っていた人が1本に減らしても、リスクは20分の1に下がることはなかった。

 脳卒中のリスクは、1日1本の喫煙で男性は1・25倍、女性は1・31倍だった。

 大阪国際がんセンターの田淵 貴大たかひろ ・疫学統計部副部長は「喫煙に安全なレベルはないと改めてわかった。加熱式たばこで考えると、有害物質が少なくても、人体への害がそれほど減らない可能性を示している」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事