一病息災
バイオリニスト 式町水晶さん
  • 標準
  • 拡大

[バイオリニスト 式町水晶さん]脳性まひ(4)人のためにコンサートを

 中学生になると、ぜんそく、高血圧、胃腸炎で入退院を繰り返し、2年生で手足の障害も進んだ。

[バイオリニスト 式町水晶さん]脳性まひ(4)人のためにコンサートを

 体調回復の転機は、3年生になる直前、2011年3月の東日本大震災だった。東京都内にいたが、東北の惨状に心が痛んだ。母の啓子さんとともに、6月に福島県二本松市、8月には岩手県陸前高田市を訪れ、演奏会を開いた。

 被災地では、厳しい状況下でも、演奏を喜んでくれる笑顔があった。「人の役に立つコンサートをしたい」。使命感が強くなるにつれ、体調不良による 憂鬱ゆううつ も少しずつ晴れていった。

 高校生になると、車いすなしの学校生活を許された。「体を動かすのが大好きで、ようやく自由になれた気がした」。ジムに通って筋トレに励み、ジョギングも5キロ以上に伸ばした。「足や背中の筋肉が硬直するマヒはあるが、体を鍛えることで障害を補っている」

 子どもにバイオリンを教える機会も増えた。演奏会の後、男の子から「みっくん(水晶さん)みたいなバイオリニストになりたい」という手紙を花束とともに渡された。純粋な言葉に、心のどこかで健常者に敵意を抱いていた自分を恥じた。

 「障害者と健常者との間の見えない壁はなくならない。お互いの理解が深まるような音を奏でていきたい」。メジャーデビューアルバム「孤独の戦士」発売を記念し、4月14日に都内でコンサートを予定している。

 (文・山田聡、写真・米田育広)

  バイオリニスト  式町(しきまち)水晶(みずき) さん(21)

バイオリニスト 式町水晶さん

今日の健康レシピ

話題のキーワード