文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

【子どもを守る】遊び(5)Q&A 成長と発達のため不可欠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【子どもを守る】遊び(5)Q&A 成長と発達のため不可欠

 「遊び」の重要性を医療現場で訴えてきた、国立成育医療研究センター児童・思春期リエゾン診療科医長の田中恭子さんに聞いた。

 ――子どもにとって遊びとはどんなものですか。

 「『子どもの権利条約』に明記されているように、遊びは子どもの権利です。食事や水分と同じくらい、成長と発達のために欠かせません。それは被災地でも、病気療養中の自宅でも、病院でも変わりません」

 ――遊びには具体的にどんな効用がありますか。

 「当院では月1回、2~4歳の病気の幼児たちとその家族が集まって遊ぶ『わくわく広場』を保育士やボランティアと開いています。例えば、お互いの名前を呼びながら、ボールをパスする遊びをすることがあります」

 「単純な遊びですが、体を動かしながら人とふれ合うことで、心身の成長が促されます。きちんと順番を待つなどの社会性を身に付けることもできます」

 「親子だけの時間が多い子どもが、この時ばかりは親から離れて遊んで自立の芽を見せ、医療と離れた子どもの素の姿を親が見て、子どもの可能性を感じる機会になります」

 ――不安やストレスの緩和にもつながりますか。

 「思春期の子どもと、診療中に一緒に木片やビーズでアクセサリーを作ることがあります。その最中、ため込んだ思いをぽつりぽつりと話してくれることもあります。それが子どもからのSOSである場合もあります」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事