文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

ニュース・解説

高齢者の住まいには どんな種類があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

介護を行う特養など

高齢者の住まいには どんな種類があるの?

id=20180226-027-OYTEI50001,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

高齢者の住まいには

どんな種類があるの?

 Q 介護が必要になって自宅で暮らすのが心配になったら、どうすればいいの?

 A そうしたお年寄りのための住まいはいろいろある。代表的なのが、特別養護老人ホーム(特養)だよ。社会福祉法人などが運営し、全国に約7700か所ある。定員は約53万人分もあるんだ。

 Q どんな所なの?

 A 特養には介護職員や看護師がいて、入浴や排せつなどの介助、身の回りの世話を24時間態勢で行っている。利用料は比較的安く、介護の必要度が一番高い要介護5の人が個室に入った場合、食費や部屋代を入れて月14万円程度だ。亡くなるまで暮らせるので安心だけど、入居できるのは原則、要介護3以上の人。約36万人が入居を待っているんだ。

 Q ほかにもあるの?

 A 「老人保健施設」は、病院から退院した人などがリハビリをして自宅に帰るための施設だ。「介護療養型医療施設」は、管で胃に栄養を入れる胃ろうや、酸素吸入など、医療が必要な人が入る。2023年度末には廃止され「介護医療院」という施設になるよ。

 Q でも、「住まい」とはちょっと違うみたい。

 A そうだね。ほかにも企業などが運営する「有料老人ホーム」があるよ。特養と違い、介護の必要度にかかわらず入居できる。大きく分けて「介護付き」と「住宅型」があり、「介護付き」は特養のようにホームが介護サービスを提供する。「住宅型」は、利用者が外部の事業者と契約して介護サービスを受けるんだ。

 「サービス付き高齢者向け住宅」は高齢者の賃貸住宅だ。日中にスタッフが滞在して生活相談などを行うが、その他のサービス内容は事業者によって異なる。

 Q どうやって選べばいいのか、難しいわね。

 A 有料老人ホームは特養に比べて利用料が高めで、入居する際に一時金が必要なこともある。病状や介護度が上がった場合の対応は施設で異なり、住み続けるのが難しくなることもある。サービス内容や費用をよく調べることが大切だよ。(小沼聖実)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事