文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

皮膚がんは生存率低く、食道・肺がんは高評価…国際比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
皮膚がんは生存率低く、食道・肺がんは高評価…国際比較

 がんの5年生存率を国際比較したところ、日本は食道、肺がんなどでは世界トップクラスだが、皮膚がんや白血病では平均より低いという調査結果を国立がん研究センターが発表した。

 調査は、同センターやロンドン大学など世界約40の研究機関が共同で実施。2000~14年にがんと診断された71か国約3750万人の5年生存率を比較し、がんの種類ごとにA~Eの5段階で評価した。

 日本が最高の「A」だったのは食道や肺のほか、胃、肝臓、乳房、子宮 けい 部のがんと、成人の脳腫瘍、小児リンパ腫。皮膚がんの悪性黒色腫、骨髄性白血病などの成人骨髄性疾患は「D」と世界の中でも低かった。 膵臓すいぞう がんや、悪性リンパ腫などの成人リンパ性疾患は「C」と平均的だった。

 調査に加わった同センターがん対策情報センターの松田 智大ともひろ ・全国がん登録室長は「成績が劣るがんでは、成績の良い外国の状況を分析し、検診受診率の向上、新たな診断法や治療法の開発などに取り組むべきだ」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事