文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

「赤ちゃんに最も安全な国」は日本、新生児死亡率最低…ユニセフ発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ニューヨーク=橋本潤也】国連児童基金(ユニセフ)が発表した世界各国の新生児の死亡率を比較した報告書によると、生後28日未満で死亡した乳児の割合は、日本が1000人あたり0・9人で最も低く、「赤ん坊にとって最も安全な国」とされた。

 最も高いパキスタンは日本の約50倍で、ユニセフは死亡率が高い国への支援を訴えている。

 報告書は20日発表された。1000人あたりの死亡率は高い順に、パキスタンが45・6人、中央アフリカ42・3人、アフガニスタン40・0人、ソマリア38・8人と続いた。

 上位10か国中8か国が紛争や貧困に苦しむアフリカ諸国だった。報告書は、新生児の死亡の原因の8割以上は早産や出産時の合併症、肺炎などの感染症で、適切な医療・保健サービスを受けられれば防げるとしている。

 死亡率が低いのは日本に続きアイスランド1・0人、シンガポール1・1人、フィンランド1・2人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事