文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田代由紀子のアスリートレシピ

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

大豆のフムス風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
20180305_F

 大豆は古くから「畑のお肉」と呼ばれるようにたんぱく質が豊富に含まれています。一般的に植物性の食品に含まれるたんぱく質は栄養価が劣りますが、大豆に含まれるたんぱく質は、必須アミノ酸をバランスよく含んでおり、肉や魚に負けないほど良質であると言われています。

 また、大豆には代謝に関わるビタミンB群、骨の健康に必要なビタミンK、抗酸化物質のビタミンEといったビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富に含んでいます。

 そのほかにも総コレステロールを下げる作用のある大豆レシチン、ビフィズス菌を増やし腸内環境を整える大豆オリゴ糖、抗酸化作用の期待できる大豆サポニン、骨の健康に効果が期待できる大豆イソフラボンといった機能性成分も多く含まれている優秀食材です。

 今回は、中東の広い地域で食べられてきた伝統料理「フムス」をご紹介します。本来はひよこ豆で作る料理ですが、手に入りやすい大豆でアレンジしてみました。材料をそろえてフードプロセッサーにかけるだけのお手軽レシピです。ぜひお試しください。

[ 作り方 ]

20180305_R

(1) ゆで大豆、練りゴマペースト(白)、エキストラバージンオリーブ油、レモン果汁、塩をフードプロセッサーに入れて、ペースト状になるまで攪拌(かくはん)する。

 ※硬いようであれば大豆のゆで汁(または水)を加え、好みでクミンパウダーを加える。

 ※盛りつけの際に彩り、味のアクセントとしてカイエンペッパーをふりかけてもおいしく召し上がれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プロフィール田代_100

田代由紀子(たしろ ゆきこ)

アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、正調理指導師
スポーツを楽しむための体作りに必要なメニューを提案。簡単、時短、料理が楽しくなるレシピ作りを心がけている。自治体、企業へのレシピ提供、料理教室講師も行う。料理教室「オレンジキッチン」主宰。
ホームページ:たしろゆきこのOrange Kitchen

chourishidou_logo

田代由紀子のアスリートレシピの一覧を見る

最新記事