文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

昼寝いざなう遺伝子、体温下げ活動量を低下…京大などが確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 哺乳類や昆虫には「昼寝」に関連する遺伝子があり、これが働くことで体温を下げ、活動量を低下させているとの研究成果を、京都大などの研究チームが発表した。人にも同じ遺伝子があり、同様の働きをしている可能性があるという。論文が米専門誌の電子版に掲載された。

 生物は昼夜のリズムに合わせて約24時間周期で活動が変化する「体内時計」を持っている。チームは、人が昼過ぎになると体温が一時的に下がって眠くなることに着目し、マウスやショウジョウバエを使った実験で、この生命現象に関連する遺伝子を調べた。

 その結果、体内時計をつかさどる脳内に、活動時間帯の途中で体温を下げる働きをする遺伝子があることを発見。この遺伝子を働かないようにすると、昼寝の時間になっても、体温は下がらないことも確認した。

 チームは、哺乳類や昆虫の祖先が、遅くとも6億年前には、この遺伝子の働きを獲得したとみている。

 本間さと・北海道大客員教授(時間生物学)の話「変温動物の昆虫と恒温動物の哺乳類は体温調節の方法が異なるが、体温を下げる仕組みが共通することは興味深い。ずっと活動していると体への負担が大きい。昼寝には体を休める重要な役割があると考えられる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事