文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

インフル患者数が最多更新、全国で警報超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 インフルエンザの患者数について、厚生労働省は9日、1月29日~2月4日に1医療機関あたり54・33人の報告があり、全都道府県で警報レベル(30人)を超えたと発表した。患者数は前週(52・35人)に続き、1999年に調査を開始して以来、最多を更新した。

 厚労省によると、全国の小児科や内科約5000医療機関から、この1週間に報告があった患者数は26万8811人で、全国の推計患者数は約282万人。都道府県別では、大分77・09人、福岡69・96人、埼玉68・29人の順に多かった。

 この5週間のウイルス検出状況をみると、B型が全体の半数を占め、A香港型が26%、2009年に新型として大流行したA型のH1N1が22%と続いている。けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「高齢者で重症化しやすいとされるA香港型が増えている。厳重に警戒してほしい」と呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事