文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』 鈴木大介著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

互いの苦しさ思い 不器用でも寄り添って歩く

『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』 鈴木大介著

 人が他者を理解し、自分の置かれた状況を受け入れ、ともに支え合って生きるコツを見いだしていく。1組の夫婦が歩んだその道のりを、温かな筆致でつづったエッセーは、きっと読者の心をつかんで離さない。

 「お妻様」は発達障害を抱えている。仕事はしない。家事もしない。片づけないから家はカオス。そのことを責められればふさぎ込み、リストカット。その繰り返しの中で、今度は「お妻様」に脳腫瘍が見つかった。奇跡的に回復したものの、夫である著者は、家庭を支えるための全部を、ますます自分独りで抱え込んだ。

 無理がたたったのか、著者は41歳にして脳梗塞で倒れ、高次脳機能障害に。その症状は発達障害と重なるところがあった。「お妻様」の苦しさ、生きづらさを、まさに身をもって味わう。それは、二人の暮らしに大きな変化をもたらした。夫の苦しみが実体験からわかる「お妻様」は適任のサポート役となり、夫は「お妻様」と自分との関係性について、これまでの一方的な思い込みに気付いていく。

 著者は、貧困にあえぐ人びと、様々な事情から世の中の底辺に生きる人びとへの取材を重ねるルポライター。弱者に寄り添い、その理不尽な境遇を許す社会に怒り、涙してきた。取材を通じて発達障害を抱える人たちにも会い、関連する多くの書物を読んでいる。普通よりよほど、発達障害を知っていたはず。しかし、本当の意味では、わかってはいなかった。そのことを教えてくれたのは、「自身も当事者になる」という得難い経験だった。

 読み進めていると、ときに悪態をつき、ときにべそをかきながらも、懸命に考え、反省し、不器用でも歩を進めようとする著者と、どこか憎めない「お妻様」に、伴走しているかのような気持ちになってくる。たとえ読み手自身、当事者になったことがなくても、「当事者でなかった人間が当事者になると、このように感じるものなのか」と、本書によって知らされること自体が、大事な気づきにつながるだろう。

 知ったかぶりを脱し、「自分は他者のことを理解できてはいないのだ」という立ち位置に戻って、それでも身近な人びとを理解したいと素直に願う気持ちを呼び覚ましてくれる、得難い一冊に出会った。(高梨ゆき子 医療部)

(講談社 1400円税別)

takanashi-120

高梨 ゆき子(たかなし・ゆきこ)
読売新聞医療部記者。
社会部で遊軍・調査報道班などを経て厚生労働省キャップを務めた後、医療部に移り、医療政策や医療安全、医薬品、がん治療、臓器移植などの取材を続ける。群馬大病院の腹腔鏡手術をめぐる一連のスクープにより、2015年度新聞協会賞を受賞。著書に「大学病院の奈落」(講談社)がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事