文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

中核99病院、医師の違法残業などで是正勧告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
中核99病院、医師の違法残業などで是正勧告
id=20180209-027-OYTEI50008,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 地域医療の中心となる全国約350の病院のうち、少なくとも99病院が2016年1月以降、医師の違法残業などで労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが、読売新聞の調査でわかった。

 病院側は長時間労働の理由を、医師不足や正当な理由なく診療を拒めない「 応召おうしょう 義務」があるためなどと説明。医師の厳しい労働実態と労務管理の難しさが浮き彫りになった

 読売新聞は今年1月、大学病院など全国85の特定機能病院をはじめ、救命救急センターや総合周産期母子医療センター、基幹災害拠点病院(救急センターは昨年8月、その他は昨年4月現在)として認定されている計349病院にアンケート調査を実施。8日までに約8割の288病院から回答を得た。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事