文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

声帯を丈夫に

元気なう

[声帯を丈夫に](1)乾燥が大敵 大声も負担

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 突然、声がかすれたり、出にくくなったりして困ったことはないだろうか。声の健康を守るには、まず声帯の仕組みを知ろう。

[声帯を丈夫に](1)乾燥が大敵 大声も負担

 声帯は気管の上にある、左右一対のひだ(筋肉)。発声の時は、ひだが閉じたり開いたり、こすれ合いを超高速で繰り返す。

 こすれ合う回数は、高音ほど増える。会話場面では、男性は毎秒平均100回、女性は同200回になる。

 摩擦で傷や炎症が起きるのを、周囲からの分泌液や たん が潤滑油になって防ぐ。

 青山耳鼻咽喉科(東京都港区)福田ボイスセンター長の福田宏之さんは「分泌液を増やすには、乾燥対策がカギ」と強調する。湿度は60%が目安だ。乾燥する環境では、水やお茶でのこまめなうがいを心がけたい。

 たばこの煙は乾燥を招くので要注意だ。

 大声も声帯には負担だ。スポーツ観戦やカラオケなどでは、声帯を休める時間を作りたい。カラオケなら連続3曲までが目安だ。

 のどに力を入れた発声も、痛みや声がれにつながる。俗に言うどら声だ。一部の耳鼻咽喉科では、主に言語聴覚士が、声帯の負担を減らす発声訓練や生活習慣の助言をしている。

 声の変化は、声帯のポリープや結節のほか、がんの症状でも起こる。福田さんは、「なかなか改善しないなら、一度、耳鼻咽喉科で声帯を確認してもらいましょう」と呼びかける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元気なうの一覧を見る

声帯を丈夫に

最新記事