文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

日本の社会・文化から生まれる「対人恐怖症」…心を支える小さな工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

周りの目が…社会生活に苦しみ

id=20180131-027-OYTEI50013,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 さて、私の外来で最も患者数の多い 眼瞼(がんけん) けいれんの患者さんたちも、目を開け続けることが困難なため、社会生活を送るのに大きな苦しみを伴います。 

 症状が軽い場合でも、仕事中に目が閉じてしまって周囲に 見咎(みとが) められないかと不安になり、それだけでドキドキしてしまったり、会議中にまばたきが増えるのがいやで (まぶた) を閉じていると「居眠りしているのか」などと誤解されてしまうといった、日々の (つら) さを訴えています。症状の辛さに加えて、患者にとっては笑って済ませることはできない心の痛む場面となるのです。ここにも、周りの目を極端に気にする気持ちが強く存在すると言えるでしょう。

 周囲と異なる姿形の人を見ると、あげつらう人が日本社会では多いと思います。

 私が勤める病院では、このような眼瞼けいれん患者の苦しみを和らげる方法のひとつとして「美容テープ」を活用しており、美容家・かづきれいこさんに、年に数回指導に来てもらっています。メーキャップを通じて心も体も元気にする「リハビリメイク」の研究や実践で有名な人です。

美容テープを活用…きれいになって、明るい笑顔

 美容テープとは、肌につける薄いテープで、たるみなど気になる場所に使います。眼瞼けいれんでは、まぶたなどに貼ることでさまざまな症状を軽減できないだろうかと考えて試みています。

 かづきさんに感触を聞いてみると、「なかなかいいですね。特に女性は、外見をすごく気にします。メイクできれいになると、精神状態も改善されるのか、とても明るい笑顔になります」とのことです。

 人の目を強く気にする文化的な傾向は、眼瞼けいれんなどの病気を持つ人にとっては厄介です。しかし、メイクや美容テープを活用することで楽に目を開けることができれば、一時的かもしれませんが、人の目を気にしなくてよくなります。

 社会の中にある文化的特異性が変わっていくには時間がかかるでしょう。そうだとすれば、今の苦しい症状の理由を丁寧に説明したり、美容テープを使ったりするような医療現場での小さな工夫が、悩める患者たちにとって大きな心理的サポートになることを、我々は気付くべきだと思います。(若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事