コラム
いちばん未来のシニアのきもち
  • 標準
  • 拡大

一人暮らしの高齢者 気になりますか?

 こんにちは、慶成会老年学研究所の宮本典子です。

 高齢者は、超高齢社会のいちばん先をいく人たちです。共に生きやすい社会をつくることは、次の世代の未来をつくることになると思いませんか?

 ご近所さんに、83歳の女性がいます。夕方になると元気に銭湯にでかけていくその方は、一人暮らし。銭湯通いは、家のお風呂掃除をしなくて済むのと、近所の友達に会えるからよいの、と楽しそうに説明してくれたことがあります。

 その女性の住むアパートの上階には、やはり高齢の男性が1人で暮らしています。週末には、窓の外の物干し 竿(ざお) に、1週間分の洗濯物が大きさ順に並びます。あまりに美しく干されているので、近くを通る時は見上げずにいられません。

 私の家の周りには、こんなふうに、いきいきと一人暮らしをしている高齢者がたくさんいます。でも、社会は、高齢者の一人暮らしを「問題」としてとらえることが多いようです。

本当は高齢者も1人で暮らしたい

20180126-027-OYTEI50003-L.jpg

 肝心の当事者はどう思っているのでしょうか?

 一人暮らしを「よし」と思っている高齢者は、実は少なくありません。たとえば、私が立ち会った高齢者のグループインタビューでは、

 「家族に気兼ねをしなくてよいから、ラク」

 「子供たちに『迷惑をかけているなあ』と思いながら暮らすより、ずっとよい」

 「起きたいときに起きて、寝たいときに寝て、食べたいときに食べられる――幸せ」

 「他人のペースに合わせると、体が疲れてしまう」

 ……という意見が続きました。

 こうした思いを裏付ける調査もあります。

 一人暮らしの高齢者を対象にした意識調査(平成26年度、内閣府)によれば、「これから誰と暮らしたいか?」という質問に対し、「このまま一人で暮らしたい」と答えた人が全体の76.3%を占め、第1位。第2位の「子」の割合は13.4%で、大きく引き離していました。

 この結果を、パネルで紹介したことがあります。

 「一人暮らしがよいと思っているなんて、驚いた」「一人暮らしは寂しくて嫌なのだと思っていたのに…」と感想を述べる若い世代とは対照的に、高齢者の大半が「わかる、わかる」という様子だったのには、驚きながらもうれしく感じました。

logo_235b 宮本典子(みやもと のりこ)

いちばん未来のシニアのきもち一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

(必須) 20字以内

(必須) 20字以内

(必須) 800字以内

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

今日の健康レシピ

話題のキーワード