文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

カンニングしていると誤解されるかも…実は日本人に多い「自己視線恐怖」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「視野が偏る」男性の訴え

af9920072660o-300-225v

 私の心療眼科の外来には、ほかの眼科で「異常なし」とか、「気のせい」「わからないが心配ない」などと言われて、途方に暮れた人たちが大勢やってきます。

 確かに、彼らの眼球に異常はありません。検査をしても「これ」という所見は見付かりません。

 そのような人たちの中に、「視野が偏る」と訴えてきた40歳代の男性がいました。

 「視野が偏るとは、どういう意味でしょうか?」

 私が改めて聞くと、この男性は「どうしても左側にあるものが気になります。そちらばかり注意してしまい、右にあるものを見落としてしまいます」と答えました。

診断は毎回「何ともない」…もう、あきらめていた

 この男性の視野検査を行いましたが、異常は見つかりませんでした。

 「最近、急に起こったことですか?」

 私がそう尋ねると、彼は少し考えこんでから口を開きました。

 「気にしないようにはしてきたのですが、『自分の目が違うところを見ていると(他人から)思われないか』と気になることは、子どものころからあったかもしれません」

 彼はこれまでも、何度か眼科を受診したそうです。しかし毎回、「目は何ともない」と言われるばかりで、らちが明かず、ここ10年は、もうあきらめていたということです。

 男性はインターネットで心療眼科のことを知って、私の外来へ来てみようと思ったそうです。

試験の時に目が横へ…同じような症状、ほかにも経験者

 彼の話を一通り聞くと、すぐに診断の「あたり」はつきました。あとは確認の質問をいくつかすればよいだけです。

 「学生時代、カンニングをしていないのに、誤解されそうな気がしたことはありませんか?」

 この男性は、目の前の眼科医が奇妙な質問をしたことにびっくりしたのか、あるいは思い当たるふしがあって絶句したのか、ぱっと顔を上げました。

 私はさらに、こう付け加えました。

 「あなたとよく似た症状を訴えている人を何人か診ています。みんな学生です。電車内などの閉鎖空間で、周囲の人のケータイの光が気になって、そこへ視線が行ってしまい、『 のぞ かれていると勘違いされないか怖い』と思ったり、筆記試験の時に自分の目が横へ動いてしまって『カンニングしていると間違えられないか』と心配したりしています」

  男性は、うなずきました。おそらく、そのような経験があったのでしょう。

 「よく似ています、私も多分その病気だと思います。病名は何ですか」

 彼は「長年の謎が解けるかもしれない」と期待する表情になりました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。北里大学医学部客員教授、日本神経眼科学会理事長などを兼務し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ、副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」(春秋社)、「健康は眼に聞け」(同)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「高津川 日本初の女性眼科医 右田アサ」(青志社)、「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・執筆活動のほか、NPO法人などのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事