文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

京大iPS研・36歳助教が論文不正…グラフ捏造、改ざん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
京大iPS研・36歳助教が論文不正…グラフ捏造、改ざん

記者会見で頭を下げる京大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(手前)ら(22日午後、京都市左京区で)

 京都大は22日、同大iPS細胞研究所に所属する 山水やまみず 康平・特定拠点助教(36)(幹細胞生物学)が昨年2月に米科学誌に発表したiPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する研究論文で、グラフ12個のうち11個に 捏造ねつぞう や改ざんの不正行為があったと発表した。

 山水助教は「論文の見栄えを良くしたかった」と不正を認めているという。京大は既に科学誌の出版社に対し、論文の取り下げを申請している。

 同研究所は、iPS細胞を開発した山中伸弥教授が所長を務める国内有数のiPS細胞研究拠点。同研究所での研究不正の発覚は初めてで、京大は山中所長も含めて処分を検討する。

 京大によると、不正が行われたのは、脳に異物が入り込むのを防ぐ血液脳関門をiPS細胞を使って再現しようとした研究。論文は米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に掲載された。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事