文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

yomiDr.記事アーカイブ

なぜ外国人が日本で介護の仕事を?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

世話する人材が不足

なぜ外国人が日本で介護の仕事を?

id=20180122-027-OYTEI50006,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

なぜ外国人が

日本で介護の仕事を?

 Q 日本の介護施設で働く外国人が増えそうだと聞いたよ。

 A 現在は、インドネシア、フィリピン、ベトナムから来日した介護福祉士候補者が働いている。日本と外国の経済連携協定に基づき2008年度から受け入れを始め、17年度で延べ約3500人に上るんだ。

 17年9月には、日本で専門学校などの養成校を卒業し、介護福祉士の国家資格を取得した留学生も、日本で介護の仕事ができるようになった。17年11月には、建設や農業などに限られていた「外国人技能実習生」が、介護の分野でも働けるよう法律が変わった。今年中に、主に東南アジアからの来日が見込まれているよ。

 Q なぜ、外国人が日本で介護の仕事をするの?

 A 人手不足が大きな理由なんだ。日本では現在、推計約195万人が介護現場で働いている。でも、高齢化に伴い介護を受けるお年寄りが増えているので、世話をする人が足りない。

 さらに、1940年代後半に生まれた団塊世代全てが75歳以上になる2025年には、全国で約38万人の介護職員が不足すると推計されている。そこで、外国人技能実習生が担い手として期待されているんだ。

 Q 日本語は大丈夫?

 A 日本政府は、介護分野で働く技能実習生に、来日時で基本的な日本語を理解できるレベルを求めている。ただ、介護の仕事は、食事や入浴、トイレの介助など多種多様で、専門用語も使われる。高齢者の体調変化などを記録するには、漢字も書かなくちゃいけない。

 Q コミュニケーションが心配ね。

 A 日本語のほかにも課題が多い。そもそも技能実習は、「安い賃金で外国人を働かせる手段」と批判されている。賃金が支払われなかったり、実習生が暴行されたりという例もあるんだ。

 Q そのようなことが起きないようにしてほしいわ。

 A 少子高齢化が進む中、介護を日本人だけで担うには限界がある。外国人も安心して働ける仕組みが必要だね。(板垣茂良)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事