文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

79歳 耳鳴りが消えない

 長い間、ジージーという耳鳴りがあったのですが、昨年5月頃、ゴーゴーゴトゴトという耳鳴りが加わりました。すぐに耳鼻科に行ったのですが、「異常なし」と言われました。そして1か月ほど毎朝、頭痛にも悩まされました。幸い今は頭痛はないのですが、耳鳴りは四六時中消えません。めまいはなく、難聴でもないと思います。治療法はないのでしょうか。(79歳女性)

加齢性難聴か 脳の疲れ癒やして

石井正則 JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長(東京都新宿区)

 数十秒から数分で消える耳鳴りは生理的耳鳴りといって誰でも感じる現象ですが、長く続く場合は9割以上に難聴を伴います。

 70~75歳ごろから、高頻度で加齢性難聴が起こります。高音域の難聴から起こり、ジーとかザーと聞こえる耳鳴りになります。相談者の方は自覚がないようですが、加齢性難聴が起きていると考えられます。

 耳鳴りが起きる仕組みは少しずつ分かってきました。難聴になると、今まで聞こえていた音が脳の中で聞こえなくなるため、その音を増幅するように脳内ネットワークの一部が興奮します。脳が疲れると、余計にその興奮が強くなります。

 脳が疲れる状況とは、睡眠不足、疲労、ストレス、不安、心配事や自律神経の疲れなどです。これらが放置されると、ますます興奮が強くなり、悪循環で耳鳴りが強く自覚されるようになります。

 脳の疲れを癒やすことが対策になります。十分な睡眠と休養、20分以上の有酸素運動が役に立ちます。それでも気になる場合は、脳を耳鳴りに慣れさせるTRT療法もあります。カウンセリングと補聴器などを使った音響療法を組み合わせたもので、専門外来を受診する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。