文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

「粒子線治療」保険適用、前立腺がんなどにも拡大…中医協が承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 中央社会保険医療協議会(中医協)は17日、がんへの特殊な放射線治療「粒子線治療」の保険適用を前立腺がんなどにも拡大することを承認した。4月から保険が使えるようになる。

 粒子線治療は、陽子線や重粒子線という放射線を当てて、がん細胞に集中的にダメージを与える。

 新たに保険適用されるのは、転移がない前立腺がんと、 頭頸部とうけいぶ がん( 口腔こうくう ・咽喉頭の 扁平へんぺい 上皮がんを除く)に対する陽子線と重粒子線の治療のほか、手術で切除できない骨や筋肉などにできる骨軟部腫瘍への陽子線治療。現在は入院費など一部で保険が使える先進医療として、300万円前後の自己負担で治療が行われている。前立腺がんでは年間約1700人が粒子線治療を受けている。

 小児がんへの陽子線治療と、手術で切除できない骨軟部腫瘍への重粒子線治療はすでに保険適用になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事