文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『はしかの脅威と驚異』 山内一也著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『はしかの脅威と驚異』 山内一也著

 国内に土着のウイルスがいない「排除状態」の麻疹(はしか)。かつては世界中で猛威をふるい、おびただしい死者を出してきた。今でもアジアやアフリカを中心に年間約9万人が犠牲になっている。

 本書は、麻疹の強い感染力や症状の出方など基本的な内容を解説した上で、その歴史を探る。国内では奈良時代から記録が残ることや、免疫のなかった中南米で多数の死者が出た史実、ワクチン開発の困難な道のりなどを描く。

 最後に、麻疹ウイルスを用いたがん治療の研究を紹介する。実用化できれば、まさしく驚異のウイルスだ。(岩波科学ライブラリー 1200円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事