文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

インフル集団感染、入院患者2人死亡…秋田

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 秋田県由利本荘市のJA秋田厚生連・由利組合総合病院は15日、入院患者11人と職員6人の計17人がインフルエンザに集団感染し、このうち敗血症の80歳代男性と終末期医療中の70歳代女性の患者2人が死亡したと発表した。

 病院によると、今月4日に消化器系の病棟を担当する看護師が発熱を訴えてインフルエンザA型の感染が判明。その後、同じ病棟の患者や職員に感染が拡大した。男性は8日、女性は10日に感染が判明して治療を受けていたが、13、14日に相次いで死亡した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事