文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 三倉茉奈さん](下)保育士資格を取得 30代は自分らしく生きられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[女優 三倉茉奈さん](下)保育士資格を取得 30代は自分らしく生きられる

スキーで衝突20針 ばんそうこう貼ってテレビに

――これまで、大きなけがや病気の経験はありますか。

 けがといって思い出すのは、中学2年生の時の学校のスキー合宿です。富山のスキー場でした。インストラクターと一緒にゲレンデに行って、順番に斜面を降りるとき、私は止まれなくて下にいる友だちと衝突してしまいました。スキー板のエッジで上唇を切って、気がついたら雪が血で真っ赤です。

 大騒ぎになって、ゲレンデ中にアナウンスされ、校長先生と担任の先生が呼び出されました。そのころはもう仕事をしていたので、「顔に傷ができて大変なことになった」と先生たちがすごく慌てていましたが、私は血を出してしまったのが恥ずかしく、一生懸命に雪で隠そうとしていたのを おぼ えています。

 先生と大学病院に行って、20針くらい。とても丁寧に縫ってもらったので、今では傷痕は分からなくなりました。

――お仕事にも影響したのでは?

 けがをした少し後に、テレビのリポーターの仕事があったんですが、ばんそうこうを貼って出てました。

 私、合宿や修学旅行になると、“事件”が起きるんです。高校2年生の修学旅行は沖縄の久米島でした。もともと運動神経がいい方じゃないのに、「みんなと同じようにしなきゃ」という気持ちはあるんです。友だちが「きれいな魚がいるよ」と言うので、一緒に泳いでいるうちに、気がついたら深いところまで。足がつかないのでパニックです。溺れているところを同級生と先生に助けられました。

――芸能界の仕事も忙しかったと思いますが、学校の思い出はたくさんあるんですね。

 「ふたりっ子」の撮影の時、演出の方が「学校の時間を大事にしなさい」と。親にもマネジャーにもそう言ってくださいました。中学、高校時代も学業優先で、テストや運動会などは一度も休んだことがないんです。

id=20180116-027-OYTEI50005,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

保育士試験 実技で本気の弾き語り

――保育士の資格を取得されています。それは めい 御さんができたことと関係があるのですか。

 いえ、それは以前から考えていたことです。「ふたりっ子」に出た10歳の時から芸能界の仕事をしてきましたが、この世界はいつまでできるか保証はありません。21年も続けることになるとは、夢にも思っていませんでした。「もし、他の仕事をするなら何だろう」と考えることも多くて、第一に浮かぶのが保育士だったんです。

 小さい頃、両親が共働きでしたので、私と佳奈は保育所で過ごす時間が多かった。そこの先生が優しくて楽しい人で、どろんこになったり、絵の具まみれになったり、自由にさせてくれたのを憶えています。今の子どもたちにもそんな経験をさせてあげたいな、と思うんです。

 仕事が一段落したタイミングで、勉強を始めました。そんなとき、偶然にも仕事で保育士の役をもらいました。そして、佳奈の妊娠が分かったんです。自分にプラスになるし、佳奈のサポートもできる。2年かけて学科と実技の試験に合格しました。実技は、お話と音楽でした。

――お話と音楽なら、プロですよね。

 子どもたちがいる想定で、試験官の前で朗読とギターの弾き語りをしました。もちろん本気出しました(笑)。

焦っていた20代 今は自由!

――体調維持のために工夫していることはありますか。

 昔からよく食べるんですけど、30代に入ったら肥りやすくなりましたね。食べたいものを食べていますけど、運動は数年前からヨガのスタジオに通っています。週に2、3回です。以前は冷え性に悩んでいましたが、ヨガを始めてからは改善してきました。

――「30代」をどう生きたいと思っていますか。

 どうでしょう。まだ想像できません。ただ、30代になってから、何かふっきれたというか、楽しくなってきましたね。

 20代前半の頃はいつも周りと自分を比較して、「認められたい」と思っていました。20代後半、とくに佳奈が結婚してからは、周りがすごく心配してくれて、自分も「30歳までに結婚しなきゃ」と焦ったりもしました。

 でも30歳を超えた今は、せき立てられることもなく、解放された気分です。ストレスが減って、自由になれました。人と比べず、私らしさを大事に、たまには自分を褒めてやりたい。

――2月に出演する舞台は、大阪での公演ですね。 いと しい姪御さん、甥御さんと離れてしまいます。

 そうなんです……。1か月も会えない。 さび しくなって、後半は震えてきそうです。

20180116-027-OYTEI50002-L-(1)

みくら・まな
 1986年、大阪府生まれ。96年、双子の妹・佳奈さんとともに、NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」でデビュー。2008年には、NHK連続テレビ小説「だんだん」で、妹とダブル主演。ドラマやバラエティー番組、舞台などで幅広く活動している。2月1~10日、大阪市の大阪松竹座で舞台「泣いたらアカンで通天閣」に出演。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事